筋トレ

筋トレは、ダンベルやバーベルを使用したフリーウェイトの筋トレと、マシンを使用したマシン筋トレがあります。ここでは、フィットネスクラブで出来る筋トレについてご説明します。

まず、大胸筋を鍛えられるチェストプレスです。分厚い胸板になる事から、フィットネスクラブでは特に人気が高いです。イスに座ってグリップを胸の高さで握り、前後させます。腕の力で前に押し出すのではなく、大胸筋を使うように意識して行う事が大切です。次に、ベンチプレスです。こちらはフリーウェイとの一種で、大胸筋を鍛えるのに有効なトレーニングです。ベンチに寝ころび、バーベルを上下させます。ベンチプレスは姿勢が重要で、胸をしっかりと張った状態でバーベルを持ち上げる事で、大胸筋が鍛えられます。また、太ももやお尻が鍛えられるレッグプレスは、特に太ももの前側にある大腿四頭筋に効果的です。シートに座って足をプレートに置き、膝を伸ばしてプレートを押します。この時、膝を完全に伸ばし切ってしまうと、膝に大きな負荷がかかるので、やや曲がった状態で止めます。

この他にもたくさんの種類の筋トレマシンがあります。鍛えたい部位によって使用するマシンは異なりますので、どこを鍛えたいのか、無理なく出来るかを考え、ケガの無くトレーニングしましょう。

有酸素運動

有酸素運動とは、充分な呼吸をしながら行える運動です。運動しながら継続的に体内の組織や細胞に酸素を取り込み、脂肪燃焼効果を上げる全身運動です。ここでは、フィットネスクラブで出来る有酸素運動についてご説明します。

有酸素運動は、基礎代謝の向上、心肺機能の強化、脂肪燃焼の効果があります。フィットネスクラブでマシンを使用して出来る有酸素運動では、主にエアロバイクやウォーキング、ジョギングマシン、クロストレーナー、ステップマシンなどがあります。エアロバイクは、ウォーキングやジョギングに比べ、膝への負担が少ないです。更に、他のマシンに比べ比較的長く続けられるマシンである為、初心者にも人気があります。ウォーキングやジョギングマシンは、傾斜をつけたり、速度を設定出来るので、自分に合ったスピードで使用出来ます。下半身だけでなく、上半身の姿勢の矯正も出来ます。クロストレーナーは、ノルディックスキーのように手足を動かすマシンです。全身を使った運動で、消費カロリーを高く保てます、また、膝への負担も少なく、ハンドルをしっかり握り引きながら下半身を動かす事で、上半身もかなり鍛えられます。階段の昇降を繰り返すような動きを続けるステップマシンは、下半身に大きな負荷を与えられます。動きが大きい分、普通にウォーキングするよりもカロリーを多く消費出来ます。

有酸素運でも使用するマシンによって、消費カロリーは当然異なります。無理のない範囲で、カロリーを多く消費出来るマシンを選びましょう。

ダイエットを目的としたエクササイズ

エクササイズとは、ダイエットや身体能力の向上、身体強化、健康維持などを目的とした、運動の総称です。ここでは、ダイエットを目的としたエクササイズについてご説明します。

エクササイズとは、体操やストレッチ、ウォーキング、ヨガ、水泳、ジョギングなど、幅広い運動を指します。目的により行うエクササイズは異なります。ダイエットの場合はまず、エクササイズの順番が重要になります。初めに、身体を温める為の準備運動を行います。準備運動をする事で身体が温まり、筋肉がほぐれ、ケガの予防や代謝アップにつながります。身体が温まったら、筋トレを行います。筋トレは気になる部位の筋トレを重点的に行いますが、筋肉が大きい部位から筋トレを行う事で更に代謝が上がり、効果的です。また、息は止めず、常に呼吸を意識しながら、エクササイズを行いましょう。次に、エアロバイクやウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を行います。有酸素運動は、脂肪を燃焼する働きがあり、20分以上継続して行う事が大切です。

ダイエットの場合のエクササイズでは、筋トレのみ、有酸素運動のみでは効率良く痩せる事が出来ません。エクササイズの順番に注意し、一通り行う事で効果が現れます。

フィットネスクラブとは

フィットネスクラブとは、健康維持や、肉体改造、ダイエット、体質改善などの為にトレーニングを行う場所です。これらをする為の各種トレーニング器具や設備を備えており、また、インストラクターによる指導も行ってくれ、ほとんどが会員制となっています。ここでは、フィットネスクラブについてご説明します。

フィットネスクラブでは、室内プールやトレーニングジム、スタジオなどが主としてあり、他にもスポーツスクールや各種スポーツコートなどがあるところも多いです。また、近年ではレストランやサウナ、スパ、マッサージ、リラクゼーション施設などを兼ね備え、フィットネスクラブで使用するスイムウェアやスポーツウェアなどを販売、レンタルしているクラブも増えています。ほとんどの場合、入会時に入会金を支払う他、毎月会費を支払うシステムとなっています。サービスでは、インストラクターが会員に個人レッスンを行ったり、目標を達成する為のメニューやプログラムを組んでくれ、フォローまで行ってくれます。また、会員の身長、体重、体脂肪率、筋肉量などを数値化し、トレーニングを行っていく上でそれらの変動を記録、管理する事も行ってくれます。プログラムでは、エアロビクスやエクササイズ、ヨガ、ダンス、体操、泳法やアクアビクスなどがあります。

最近では、ダイエットやアンチエイジングの為に通う人も多くいます。日々健康で若々しくいる為にも、トレーニング器具や設備が充実しているフィットネスクラブに通うという事を、お勧めします。